<   2016年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お見舞いへGOGO!

昨日、ぶうたんのお見舞いに行って来ました。
c0335229_239241.jpg

もちろん、お見舞いの品↓を持ってね(笑)c0335229_2382034.jpg


























感想は、「ぶうたん、痩せた?」

朝ご飯をまだ与えていないということだったので、病院にスプーンを借りて、ぶうたんにお見舞い品から最高級缶詰め(マミー的に)を贈呈。ぶうたん、ガツガツと、1缶690円もする缶詰めをペロリンチョ。おおおおおおぉぉぉ。
まだ食べたそうだったので、今度は小さめの缶詰を与えました。こちらもペロリンチョ!で、ドライフードは食べないよね?と、手に乗せて上げると、こちらもパックンチョロリン!
完食
お水もガブガブ。

おしっこがまだ自分で自由に出せないので、入院生活を続行中。
おしっこの管を家でもできるのであれば、退院OKって言われましたが、4時間もの手術後だし、ここはすぐ処置ができる病院で預かってもらうことにしました。

おしっこも、そこまで深刻に考えなくても良い雰囲気でした。


ただ、病院では積極的に食事を摂ろうとしないらしい・・・
寝たきりを貫く場合があるらしい・・・

なので、マミーが行くと、食事はガツガツ、上半身起こして頑張る君になるから、病院側も「えぇぇぇぇ、マミーが来ると元気になるねぇ〜」って。
看護師さんには、ぶびちゃんはスプーン、お箸、フォークが使えることを伝えているので、お皿にフードを入れて「ほら、食え」じゃなく、一々スプーンで与えてくれていることを期待!!!
期待というよりも要望?要望というよりも指示?指示というよりも命令?



明日、またお見舞いに行って来ます!
ぶびちゃんの退院までに部屋を掃除機かけないと・・・。
c0335229_23263337.jpg




ぶびちゃんの幸せを邪魔する野郎の生々しい写真はMoreからどうぞ。
少しグロいです。
血が苦手な方はお薦めしません。


More
[PR]

by happybuu | 2016-05-31 23:49 | 愛犬と病院 | Comments(4)

入院2日目

ほぼツイートになりますが、
院長が土曜日に「ぶうたん、オシッコが自分で出せない(出ない)ようなので、管を通しています」と。



今更だけど、
すーーーーーーーっごく心配になってきた。





[PR]

by happybuu | 2016-05-30 00:56 | 愛犬と病院 | Comments(4)

出直しTOEIC

今日、新しいTOEICを受けました。
リスニングは、いつも通り。
リーディングは、Part7が特にしんどかったぁー。
大きな問題2問、完全に塗り絵。

なんとなく感じたのは、リーディングセクションが変わってきているな!ということ。形式が変わったということもあるのですが、使っている単語がレベルアップしているような気が。。。うーん。
それだけ【慣れ】って怖い。
あと4回くらい受ければ、この新しいTOEICにも【慣れ】るのでしょうね!


今までの参考書は、無駄にはならないと思うのですが、
これだけでは対処できなくて、それらを基に、今日受けた新しいTOEICバージョンに特化した参考書が必要になるのかしら?と思いました。
これまでの参考書を年内いっぱい繰り返し復習して、来年くらいに出版される新TOEIC対策本を買うのが賢明かもしれない。だって、新TOEICの本番テストって、TOEIC対策本著者の誰も知らないわけよね?TOEIC問題が流失していたら、別だけど。
そう考えると、今日のTOEIC本番試験を受けて、いろいろ試行錯誤して、対策本を出版するのでは?と思っているのです。


次、TOEICを受けるのは、秋です。
1から出直しです。



おやすみなさい。









[PR]

by happybuu | 2016-05-29 22:12 | 語学 TOEIC | Comments(0)

入院1日目

ぶうたんのお見舞いに行きました。
ICUでスヤスヤ寝ていました。
今回の手術で3キロ、痩せたらしい。

4時半〜8時半まで手術。
9時過ぎに目が覚めたらしい。

看護師さんに
4時間の手術は、若い子でも大変なのに、ブルータスちゃん、よく頑張ってくれました
って言われて、思わず口元が緩む。

そして、ご飯をあまり食べてくれないのですが・・・と。
でしょーよ。グルメんちょのぶうたんは、ドライは食べないのだ。ウェットで頼む!
「ぶうたん、お箸やスプーン、使えますよ。得意ですよ!」って伝えておきました。


ま、、、今回の手術でも全ては取れていないので、この繰り返し生活。
「だったら、全部取れよ」って思うのですが、4時間かけて患部しか取れなかった事実を考えると、全部は取れないのだろうね。院長も「全ては取れない」って、言ってたし。。。
ぶうたんの体力と、いろいろ相談しての結果。



とりあえず、16歳のじぃさん犬、とても頑張りました。





[PR]

by happybuu | 2016-05-28 19:42 | 愛犬と病院 | Comments(3)

ついに当日!

今日は、朝から大変!

ぶうたんが動かない。。。
車まであと数メートルなのに、ぶうたん、石のように動かない。そして、患部から血がっ!もうね、手術は遠のいた・・・って思いました。

ぶうたん、壁に体をもたれかけながら、ズリズリやっと歩けるって感じで。
朝の歩き方を考えると、全てが限界まで来ているんだなって思いました。



紆余曲折を経て、病院へ到着。
その後、血液検査。貧血が疑われると。
火曜日から出血している上に、今朝、結構な量の透明がかった血混じりなのが出たものね・・・。


その後、血液検査の結果説明後、「手術しますか?」と最終確認。

し・ま・す・!

武士に二言はないでおじゃる。

絶対に、し・ま・す・!
商売道具のメスを握ってもらおうじゃないか、先生。




そして、
夕方4時半、手術がスタート。
夜9時半、手術が終了。
・・・5時間も。


先生が「ぶうたんがどこまで全身麻酔に耐えられるか、ですね。」って・・・
ごっ・・・5時間も?
先生、ヤケになった?

きっと、患部を剥離させるのに時間がかかったのでしょうねー。


明日、検査結果を聞きに行く予定です。
退院が出来ない場合は、ぶうたんに会うのは控えます。泣き続けるから。ヒンヒンヒンって。



とりあえず、今日はおやすみなさい!
そして、応援メッセージ、ありがとうございます!
ぶびちゃんにもきちんと伝えておきます。









[PR]

by happybuu | 2016-05-27 23:08 | 愛犬と病院 | Comments(0)

あと2日!

おおおおおぉぉぉ。
ぶうたんの「ぷっくり」さん、とうとう裂けてしまって(地面にちょっと擦った?)透明っぽい血がちょろちょろ出ています。ティッシュで止めても、ゆっくりちょろちょろ出てくるんだよねー。
今、確認すると、別のところからも血が出てる。。。
庭に出て、おトイレした後は夜風に当たるのがマイブームらしいので、その時に、地面に触ってしまうんだよね、患部が。それで、擦れてしまう=血がでる、、、のだと思う。

「家の外を歩きたい」とは言いません。
こんなに大きくなって、そんなにホイホイ歩けないのです。
ぶうたんには「あと2日だけの我慢だからね」と言い聞かせています。


今、マミーは「手術をする」ってタイプ、性格なんだから、さっさと手術をお願いすれば良かったぁ。なーんて、手術をする前の時点で既に後悔している。


あと2日!




さて、ぶびちゃんの「ぷっくり」さんの裂けた写真、もちろん、裂けているので【血】が出ています。
ご覧なりたい方は、moreからどうぞ。記録のために載せておきます。







More
[PR]

by happybuu | 2016-05-24 22:27 | 愛犬の日常 | Comments(8)

ぶうたんの散歩


今、ドライをかけているお部屋の中でスヤスヤ寝息を立てている我が家のかわい子チャン。あぁ、本当にカワイイ。
犬って、シニアになると、本当に【天使】を間近で見ているような感覚になります。一言で、カワイイ。
ぶうたんが若い頃、カワイイとカッコ良いの両方がありました。
でも、今はカッコ良いに価値はなく、カワイイだけが残っています。

c0335229_14433896.jpg
そして、この→部分ですが、こんなに大きくなっています。
ぶうたんのカワイイおティンティンまでもが画面上左に追いやられています。

金曜日、またぶうたんには頑張ってもらうことになります。

手術が上手くいきますように☆





[PR]

by happybuu | 2016-05-22 14:48 | 愛犬の日常 | Comments(0)

明日の電話



えっと、手遅れかもしれないけど、
ぶびちゃん、手術をしてもらうように明日、病院へ電話します。

c0335229_23424736.jpg

大きくなった軟部組織肉腫は、今にも張り裂けそうな風船みたいになっています。


老犬として、残り少ない人生なのであれば、
これから先が10年もないのであれば、
なお一層、この子には自分の足で行きたい場所を歩いて貰おう!と思いました。



明日、動物病院に連絡して、極力早い時期に手術できれば、、、と考えています。



もう少し、ぶびちゃんには頑張ってもらいます。
手術当日、ぶびの体調が整っていることを願います。











[PR]

by happybuu | 2016-05-21 00:01 | 愛犬の日常 | Comments(2)

ぶびの状態

え・・・っと、ぶびの体調、いろいろ不調です。
この前、部分的に切除した軟部組織腫、覚えていますか?
2〜3週間であっという間にボールくらいの大きさになってしまい、歩行不可を避けたくて、手術をしました。そして、4月頃から、また同じような場所に同じようなものがぶら下がり、GW頃から、本格的に大きくなりました。
数日前、ぶうたんのお腹がまたゆるくなって、外に連れ出しました。家に入る時、ぶうたんが段差を登りやすいように!と、シッポの方からお股に手をグイッて入れて、支えようとしました。すると、今まで触ったことのない感触。

家の中に入り、見ると、前回の手術で剃毛された場所&縫い合わせていた場所がパンパンに膨れあがって(肥大)いました。


前回の手術で、「死」を覚悟しました。
本当の所、マミーは「ぶうたんはこんなことじゃ死なない」って思っていましたが、根拠も医学知識も無いインチキな感情でした。なので、病院側がそう強調すると、若干弱気に。(病院を責めている訳ではない)


で、あの夜、パンパンに膨れあがったものを触った時、その大きさに改めて怖ろしくなって、翌日、病院へ連れて行きました。
獣医の客観的な意見は非常に参考になります。
説明を聞きながら、「命あるものは全て消える。マミーも、この獣医も、みんな死ぬ。生まれた次の瞬間から、死は近づいている。泣くな、マミー。ぶうちゃんは幸せじゃないか!絶対に泣くなよ。飼い主が泣いて、命が復活するのなら、全員泣いているから。絶対に泣くな!泣くな!涙は何の解決にもならないんだよ、特に医学や科学の世界では。泣くな。」って何度も言い聞かせました。


その日は、すーーーーっごく動物病院は忙しそうでした。
でも、急かされることなく、ゆっくり話したり、聞いたりしました。

院長は、「期間が非常に短すぎる。これを再度取る、取らない(手術する、しない)については医師として分からない。どちらをとっても、飼い主さんの決めたことは間違いがない。(全て正解)この子がもう少し若ければ「手術して取りましょう」って言えるけど、もう16,7歳。取ったとしても、完治目的ではなく、ここ数ヶ月を生きやすくするためのもので、また数ヶ月後にはこんなかんじになっている可能性が高い。悪性だから。」


マミーは、「うーん、そうですよねー。・・・はいぃー。」って返事に、納得していないのが見て取れたのでしょうね。院長が「転移していないかどうか、レントゲン撮ってみませんか?」って。
撮る、撮る。レントゲン、撮る♪


今日できることをしてくれました。(針で患部を指さなくても分かっているから、それはしませんでした)
レントゲンを見る限り、「影」は、ない様子。ホッ。



話が前後するけど、レントゲンを撮る前、院長は、触診をして、手術の話しを少ししてくれました。
ぶびちゃんの足のところにある肉腫が、もしかするとペニスにまで広がっているかもしれない。その場合は、ペニスを別の場所に付ける(管を通す)ことになる。すると、手術は非常に長い時間になる。この子がそれに耐えられるかどうか。それに、レントゲンで転移が分かったら、手術はしても意味がないと思いますね、と。


この日は、これからのこと、宿題として持って帰りました。



日に日に大きくなる肉腫を、犬と生活されている皆さんは、見て見ぬふりしますか?今の生活を大切に、うまく付き合いますか?
それとも、手術を視野に入れますか?


マミーとしては、答のようなものを持っているのですが、最近、ぶうたん、また軟便が続いていまして。



最近、ぶびちゃんの日増しに大きくなる肉腫を見るのも避けたい気持ちにもなっていて、結構図書館通いしています。そんな自分をどこかで責めていたりもします。犬(子ども)が、一番側にいてほしいときにクラブに行って躍りふけっているように思えるのです。ぶびちゃんが側にいてほしいと思っているのが、とってもよく伝わってくるのです。もちろん、年老いたから、家の中でワンワン吠えることも多くなりました。
今朝は、「マミー、起きて!テレビのお部屋にボクちゃん居たいから、マミーもこっちで寝ててー」って。同じ空間に居て欲しいらしい。今日も、マミーがお風呂に入っていると、(最近は毎日だけど)必ずお風呂場のドアの近くにいたり。

そんな子をよく放っておけるな!と。


この話しを友人Mに聞いてもらいました。
すると、Mちゃんは「犬(動物)を飼うということは、そういうことやでぇ〜」と。
だけど、人間の生活があってこそ、犬を守れる環境が整う。マミーは、この夏に向けて、あと数ヶ月、たった数ヶ月頑張らないといけない時。そんな時に、図書館行ったり、病院連れて行ったり、やるべきこと、してるやん!それぞれさ、理由があって、なかなか勉強が出来なかったりするもんやで。でもさ、どんな理由であれ「勉強しなかった」って事実は変わらない訳やん?なのに、マミーは、両立してるで。誰だって24時間一緒にいたいよ。でもさ、今までもずっと一緒にいたやん。今は、やるべきこと(勉強と動物病院)をしているって思いなはれ!って。


マミー、Mちゃんに断言しました。
もう、犬は飼わない!
望遠鏡で覗くだけにする!

みなさんも、犬っころなんて、飼わない方が良いですよ−。毛は飛ぶし、ご飯ちょうだい言うし、散歩言うし。それにね、犬なんて飼ったら、破滅しますよー。一家離散。子どもの大学進学費用なんて出ませんよー。大大大大大富豪じゃない限りは、飼わないことね。


なーんて、叫んだところで無意味よね。。。
みんな、ペットに狂っているんだから(苦笑)


はぁ。



ちなみに、動物病院からの帰りに、例のスタンプ爺さんの動物ショップへ行って、缶詰を8缶買いました。「動物病院へ行って来て、現金が2000円しかないから、2000円で買えるだけ売って!」って。
スタンプ爺さんの「調子はどないや?」に、マミーは「うーん、そんなに長くないやろなぁ」って言うと、生体販売している柴犬たちの近くの引き出しから【みどりむし】なるものを取り出してきた。
c0335229_22403039.jpg
そして、「これ、うちの子(生体販売用柴犬)にも食べさせて上げてて、これ良いから」って、また、賞味期限切れの封が切られたのをくれました。

あ、、、ありがとうよ、爺さん。




ぶびちゃん、痛がっているとか、そういうのは無いです。
ただ、17歳という年齢は【死】という一番避けたいものを感じさせます。


そして、こんな今、もう1つ考えていることがあるのです。
ぶびちゃんと写真を撮りたい!というのもあるのですが、それは、やっぱり8月後半まで延ばします。もし、ぶびちゃんと一緒に写真が取れなくても、1枚、とってもお気に入りの写真があるので、良いです。
ちなみに、その時のマミーは3日間お風呂に入っていなくて、髪の毛が油ぎっしゅでテカってる(涙)

ほら、マミーの携帯はガラケ—なんだけど、LINEやらができるスマフォに変えて、アメリカの元飼い主の子ども(特に長男や次女)にぶうたんの近況報告をしてあげようかと考えているのです。8月以降(結局は試験開け)、スマフォに変えようって思っていたけど、早めた方がいいかもしれない。いや、まず先にfacebookでメッセージ送ろうかしら。

ぶうちゃん、17歳。推定だけど、17歳。
アメリカから縁もゆかりもない日本に来て、みんな(近所含む)に可愛い、可愛いされて、幸せだと思うんだけど、これだけは本人に聞かないと分からないっか。


「マミーの『行って来ます』は、後で家に帰ってくるからね!の『行ってきます』。だから、ぶうたんも戻ってくるのなら『行ってきます』してもいいけど、遊んだ後、家に帰ってこないのなら、『行ってきます!』は、しちゃだめ!」って言い聞かせています。

往生際が悪いのです。




やっぱり、犬なんて、犬なんて、犬なんて、犬なんて! エーン。
犬なんてさっ、可愛いだけじゃないか!
犬なんてさっ、飼い主LOVEだけじゃないか!
犬なんてさっ、悩み事を聞いてくれるだけじゃないか!
犬なんてさっ、ただただ飼い主の帰りを待ってくれるだけじゃないか!
犬なんて、犬なんて、犬なんて! エーン。


こんなにも可愛い子に出会ってしまったマミーの人生を呪いたい!



乱文をお許し下さい。
おやすみなさい。



[PR]

by happybuu | 2016-05-10 22:57 | 愛犬の日常 | Comments(0)

ヘビイチゴ

ヘビイチゴ、やっぱり凄いことになっていました。
もうそこら中にワッサワッサしていました!嬉しい!本当に嬉しい。c0335229_22103888.jpg






















雨が降った翌日、ヘビイチゴがどうなっているのか心配になって、見に行きました。すると、ちゃーーーんとワサワサをキープしていました!雨水に浸かっていたのに、すごい生命力!
c0335229_2219306.jpg
c0335229_22194844.jpg
よく雑草みたいに強くなれ!って聞きますが、「雑草、なめんなよ!」ですね。
きちんと季節を知り、季節を守り、そこに現れてくれます。

そして、ヘビイチゴに向かって拝むマミー(笑)
「合格しますように」








[PR]

by happybuu | 2016-05-08 18:56 | 愛犬の日常 | Comments(0)