カテゴリ:愛犬と病院( 43 )

そして動物病院A

今日は、とにかく最後までとてもとてもお世話になった動物病院Aと、サンプルをよく頂いたペット屋さんへ行ってきました。


動物病院Aでは、涙が堪えきれず、泣いちゃいました!
えぇぇぇぇぇーん007.gif
えぇぇぇぇぇーん007.gif
でも、いろいろな治療を考えてくれたり、入院中は顔パスで病院の入院室の出入りを気持ち良くOKしてくれたり、助けが必要なときは力になってくれたり、こちらで選択した治療やして頂いた治療は最善のものだった、、、「有り難かった」という感謝の気持ちは伝えてきました。
院長は、頑張りましたよ・・・と。「良かった」と言っちゃぁ、アレですが、良かったと思いますよ・・・と。最初、聞いたときは「あぁぁぁぁぁ」と言っていました。

えぇぇぇぇぇーん007.gif



ペット屋さんの爺店長は、悲しんでいるマミーの顔が見られないと言いながら話をして、帰りに鳴門金時(本物!)を頂きました。鳴門金時って、紫色なんですね、皮の色。もはや茶色じゃない!
爺店長に「少し休んでからやね」と言われました。



ぶうたんが亡くなって気付いたことがあります。
この子、本当におじいちゃん!
お葬式のときに写真を持って来て下さいって言われて、大慌てで写真を現像しに行きました。そして、マミーの目に写っていたぶうたんは、若いときのままで、改めて若いときの写真を見て、驚きました。
ぶうたん、、、高齢やん。


5〜7年前かな? 若造ぶうたんです。
c0335229_19304647.png
c0335229_19285235.jpg
c0335229_19293439.png
そして、徐々に最近のシニアくんに。
c0335229_19331609.jpg
c0335229_19334762.jpg
c0335229_19344344.png
c0335229_19373921.jpg
c0335229_19381909.jpg

幸せすぎる毎日でした。





[PR]

by happybuu | 2017-01-08 20:01 | 愛犬と病院 | Comments(4)

まずは動物病院B

今日、お世話になった動物病院Bに、ぶうたんが亡くなったこととお世話になったお礼に行ってきました。
阪神ファンだと思われる先生(獣医)は、ガテン系。
ガテン系先生は、猫ちゃんの診察を中断させて、マミーのところに来てくれました。

先生が言う通り、大きな子は存在感があり過ぎます。



次は、最後の最後までお世話になった動物病院Aと、例の田舎犬猫店のよーく見ると歯がほぼ抜けている爺さん店長に行きます。


ぶうたんのためにできること、他にないかなぁ?
ぶうたんのため、ぶうたんのため、全てはマミーのため。


おやすみなさい。



[PR]

by happybuu | 2017-01-07 22:09 | 愛犬と病院 | Comments(0)

今年最後の病院

今朝も一生懸命ぶうたんを車に運び、動物病院へ出かけました。
ぶうたん、とっても頑張ってくれました。
今は、疲れで寝ています。
ご飯は、ほとんど食べません。
口元に持って行くとプイッってするんです(涙)

では、また後で!

[PR]

by happybuu | 2016-12-29 14:03 | 愛犬と病院 | Comments(0)

ハロー

こちら↓ぶうたんを動物病院に連れて行くべく必死で車に乗せましたって写真
c0335229_21374924.jpg
我ながら可愛い・・・


そして、こちら↓も車の中にいるぶうたん。
c0335229_21390244.jpg

あれれ?


貧血値が高く、麻酔をかけるので温熱治療は中止に。

院長は血液検査の結果を見て「この数値での治療は、リスクが高い。」と仰る。けど、最初はそれが何を意味するか分かりませんでした。

「それでも(温熱治療を)してほしい。」と言うマミーに院長は、
「ぶうたんが若ければ少しくらいのリスクを背負いながらでも治療したいけど、もう17歳。大型犬にしては、よく生きている。この子の場合は、完治目的ではない治療だから、それに命を落とすだけのリスクをかけるのはどうだろうか。この腫瘍は注射器で液を抜いて過ごすこともできる。この治療をしないと危ないという緊急性があるのなら、するけど、そうじゃない。痛みで眠れないというわけでもない。どうでしょうか、貧血が治まって、それでも治療が必要な時に温熱治療をしても遅くないと思います。」って。


あああああ。
そこまで来ているんだ、ぶうたん。



親切から生まれたような看護師さん、毎度のごとく、涙を堪えながら「本当にぶうたんは幸せなお顔をしている。大切に育てられているのが分かります。」って言うからさぁ、もぅー、こっちまで大変よ、涙を止めるの(笑)

c0335229_21524214.jpg

最近じゃ、せんべい布団で寝ているマミー。
(本当は、せんべい布団以下の、布の寄せ集め布団で寝ている、マジで)
前は電気毛布を使っていたけど、ぶうたんのお漏らしでダメになるだろうから、使うのを諦めました。「あぁ、これもダメになったー」って、ぶうたんのことでネガティブに考えるのがイヤなので、電気毛布、諦めました。その代わりに、ここ数日は【湯たんぽ】を使っています。

湯たんぽ、湯たんぽ、ワッショイ!ワッショイ!



そうそう、動物病院では、血液検査したり、液体(100ml)を抜いたり、抗生物質の注射を接種したり、10日分の鎮痛剤をもらったりしました。
軽く17000円越えました。


そうそう。
最近じゃ、ぶうたんのウンチを素手でキャッチすることが得意になってきました。
今日も、キャッチ!
明日も、キャッチ!










[PR]

by happybuu | 2016-12-14 22:04 | 愛犬と病院 | Comments(0)

前回の続き

前回の続きをぶうたんが寝たので、フィギュアを見ながら書いています。

あの日は、午前中の受診が終わる1時間くらい前に病院へ着いて、順番を駐車場(車の中)で待っていました。
すると、ラブっぽい老犬(15歳)が、診察が終わり、駐車場に戻って来ました。そして、軽のワゴンに乗せようとしたのですが、失敗。。。「お手伝いしましょうかー?」と、しゃしゃり出るマミー。

ラブ爺さん、テクテクとぶうたんにご挨拶してくれました。
あぁ、穏やかな大型犬って、最高っす!たまらん!


そして、数分後、ぶうたんの順番が来ました!
ぶうたん専属の優しさから生まれた看護師さんが走ってきてくれました。「お手伝いします!」って。そして、玄関を使わない別ルートで病院に入りました。えぇ、うちの子、VIPなので!!!
(ウソです。玄関まで担げないのです、私たち)

ぶうたん、40キロ。
太りました。

「足の腫瘍が大きくなったからじゃないか」とのことでした。

最近は、美味しいものをたくさんやろうと考えているんですってお伝えすると、優・看護師さんは目に涙を食べながら「それで良いんだと思います。ぶうちゃんは、もう17歳。人間なら100歳は越えている。それで良いと思います。ぶうちゃんを見ていると、幸せそうな顔をしていて、本当に可愛がられているんだなぁ、って思います」って・・・。
マミーも鼻がキーンって痛くなったゾ!(笑)


明日の土曜日、大切なぶうたんを温熱治療させます。
マミーが諦めるのは止めました。


そうそう、この日は、午前の診察がほぼ終わる時間だったので、玄関前にある駐車場は空っぽ!
玄関前の駐車場なら、女性でも抱えられる。なので、少し遠い駐車場から玄関前駐車場にマミーの車を移動させたいので、その間、ぶうたんを見て欲しいとお願いしました。
車をガタガタゴトゴト言わせて、大急ぎで移動させて、診察室のドアをガァーッて開けると、、、


ぎゃーーーーーっ!



ぶうたん、人気者☆



スタッフが、代わりばんこにナデナデグリグリ中でした(笑)




そして、今日は、ぶうたんにおやつを買ってきました。
c0335229_21350533.jpg
例の怪しい爺さんのお店で。

奧から黒いのはサーモンビスケット。ピンクと緑はドッグフードのサンプル品。
手前はおやつ2種類。ササミとたら。

このお店、おやつは、7種類くらいしかない。でも、全てが良さそうなものばかり。原産国にもこだわりがあるみたいあるよ。黒色の袋に入っているサーモンビスケットは、食いつき抜群でした。
ササミとたらは、明日、病院に持って行きます。
c0335229_21435273.jpg
「これ、ぜーんぶ、ぼくちゃんの!」と言ってます、うちのボンボン。

c0335229_21450842.jpg
マミーが「明日は、絶対に動物病院で起きるのよ!目を開けるのよ!」って言う。
ぼくちゃんは、いっつも動物病院に預けられる。

決断の早い院長と、マミーの意思が絡み合うんだ。






[PR]

by happybuu | 2016-12-09 21:48 | 愛犬と病院 | Comments(0)

グレートな1日

今朝は、ぶうたんを病院に連れて行くために朝から少し緊張。
本当に、車に乗せられるのか?


紆余曲折を経て、ぶうたんを車に乗せ、まずは公園へ。
すると、公園の駐車場で空気を吸って、分かったのか、ぶうたんは自分から降りる!って。一人でガンガン前に進みました。ぶうたんは、そんなに長い距離を歩いて進めるわけでもないので、後輪のタイヤの後ろごろで座り込みました。
公園に到着する前に車の中でぶうたんがヒンヒン鼻泣きとワンワン泣きをしていて、「なんで?」って思っていたのですが、公園でぶうたんを降ろす時に分かりました!

ぶうたんは、お漏らしをしたとき(オシッコをして、オムツからオシッコが漏れたとき)、お腹近くの毛まで、オシッコで変な感じになった時に泣くことが判明。


綺麗好きなんだね!



ぶうたんが、公園で車に乗り込むまで一生懸命歩いてくれることに感激して、涙がこぼれました。



そして、動物病院でも!
とにかく、色んな人がとても親切に接してくれて。



あら?
ぶうたんが、鼻泣きしているので、今はここまで。



[PR]

by happybuu | 2016-12-05 19:44 | 愛犬と病院 | Comments(2)

昨日の獣医師との会話

昨日、鎮静剤をいただきに病院へ夜8時近くに行きました。
タイミングよく、待合室にはマミーだけ。

ぶうたんの状況を看護師さんにお伝えすると、
院長先生が来てくれました。

そして、いろいろ話しをした後、
「でも、17歳で(今までの治療に)よく頑張りましたよ」と言われました。

獣医の「あぁ、もうダメか」という、一種の答えのような表情をされるかとドキドキしていました。でも、実際は、そんなんじゃなく、心配を限りなくして下さっていました。

薬を用意してくださっていた看護師さんも、マミーと先生の会話に、しーーーーーんとなっていました。看護師さんも、しょんぼりな表情。そして、いつ薬を出していいのか(会計という意味で)タイミングが掴めない、、、って感じでした。


病院からの帰宅中、考えていたのは【死】や【生】について。
【死】は悲しいけど、ぶうたんにこれから訪れる【死】というのは、全然『不幸』じゃない!って思いました。世の中、毎日、命あるものは全て死ぬ。ぶうたんも、マミーも、今日生まれた赤ちゃんも、全員が『死』に向かって毎日生きている。この過程で、ぶうたんは、少なくとも何人もの人がぶうたんのことを考えて、接してくれている。
中には、見向きもされず、相手にもされず、閉じる【生】があるとするなら、ぶうたんは、幸せだ!って思ったのです。


ありがたい!


そして、今日は、部屋がすーーーっごいオシッコ臭で笑えた。
朝から同じ場所で同じ体制で過ごしていたぶうたんにもオシッコが染み込む、染み込む。「ペットシーツは用意しているんじゃないの?」って思われそうですが、結構ズレるんです。。。
それで、オシッコのシミが茶色に!!!
ペットシーツはニュルニュルのボトボト。

マミーたちのベッドは、こんな感じです。
まずは、マット → このマットにオシッコが染み込まないようにゴミ用ビニル袋(70L)をかける → そして、ペットシーツを敷く → ベッド用敷きマットを敷く → ぶうたんがよく寝る箇所にペットシーツをまた敷く

ここまでしていると、マットにはオシッコは到達しない。
でも、ペットシーツは吸収してくれるけど、ぶうたんの皮膚や毛はオシッコに汚染される。うぉぉーーーーっ!臭いぞ!不潔だぞ!

「身体を拭いて上げればいいじゃない?」と言われても、それが、出来ないから困っているんです。。。
痛がって唸る場合は出来ないし、ぶうたんが立ち上がってくれた超ラッキーなタイミングを狙うしかない。ぶうたんが立った瞬間に、タオルやスプレーを使って出来る限り臭いを取り除いて、清潔な状態を保つようにしています。


そんな今日、久しぶりに【しまむら】へ行ってきました!
偵察に(笑)
ウソです。
【しまむら】でベッド用敷きマットが40%OFFになっていたので、買いました。フカフカーっ!

楽しみです。







[PR]

by happybuu | 2016-12-03 22:06 | 愛犬と病院 | Comments(0)

薬のチカラ

今日のぶうたん通信です。

昨日は、深夜1時に寝付いたぶうたん。朝4時に起きて、オシッコ。
一度立って、また寝ました。そして、次に起きたのが朝7時。
ここから大変。

いつものウォフウォフ生活。
お昼は、1時間くらい、夕方〜夜に1時間くらい寝ただけで、あとはクゥンクゥンとウォフウォフがノンストップ。



そこで、マミーは動物病院へ行って、安定剤を鎮痛剤をいただきました。
【認知症】という言葉も交えながら、ぶうたんのここ数日の状況を伝えました。先生は【認知症】という言葉にはスルー。

院長先生に「安定剤と鎮痛剤は、投与後何分くらいで効果があるのか?」と聞くと「30分後に聞きます」と。ふむふむ。夜9時15分に薬を与えて、30分後・・・本当にぶうたんが楽な顔をして寝始めました。
少しくらい揺すっても、何しても起きない!唸らない!

オムツは今夜はしていません。
寝ながらオシッコしても敷き布団が汚れないように、極力シーツを重ねて敷いている。そして、ぶうたん、ウンチをしました。とにかく、どこを触っても起きないし、唸らない!


アンビリーバボォー!!!



あんなにも泣いていたのは、痛くて痛くてたまらなかったんだねぇー。痛みが我慢できなかったんだよねぇー。



今日、動物病院へ思い切って行って良かったと思います。
痛みだけは取り除いてやりたい!


では、マミーも寝ますZZzzz
おやすみなさい。





[PR]

by happybuu | 2016-11-22 00:41 | 愛犬と病院 | Comments(2)

ハリーアップ!

昨日、夕方に帰宅したマミー。
ぶうたんを心配するぶうたん応援団(ぶうたんのじじぃとばばぁ達)の声。
傷口を見ると、ジクジクのドロドロがガーゼに付着して、パカッと開いてドレーンが見える。

もう何も考えず、ハリーアップ!で、病院へ。

普段なら1時間で到着するのに、さすが金曜日ですね。
1時間40分くらいかかりました。お陰様で。


そして、「入院かな?」と思いましたが、傷口の洗浄と麻酔ナシで2箇所縫合して帰宅。。。



病院のぶうたんへの優しさは、有り難いです。
治療中もそうですし、それ以外でも。
この子、ほぼ病院では【歩かない】を徹底。スタイルは崩さない男です(苦笑)なので、誰か(獣医か看護師)が、ぶうたんを担ぎ上げて、車と診察台までドア to ドアしてくれます。。。




さて、夏までド短期でお勉強していた試験の結果ですが、無事合格できました。
それで、多少の気が緩んだのか、お高いドッグフードをぶうたんが「がっつくまでに食べてくれる」という理由で今日買いました。そして、しばらく買っていなかった洋服をアメリカンイーグルで半額で買いました。オンラインショッピングですが。。。











[PR]

by happybuu | 2016-10-22 21:04 | 愛犬と病院 | Comments(0)

ぶうたんカムバック!

今日は、お見舞い初日。
そう思って、動物病院へ行くと・・・?



まさかの
退院っ!
嬉しい ワッショイ、ワッショイ☆



10月13日(木)に何時間もかけて温熱療法をして、15日に退院。
「ガーゼの交換が出来るなら、病院にいるより自宅に帰った方がいいから」と。




ぶびちゃん、大好き!




[PR]

by happybuu | 2016-10-15 19:51 | 愛犬と病院 | Comments(3)